フロアコーティングで床の傷を予防

フローリングの床の傷というものは思いの外目立ってしまうものです。最近の日本の住宅事情も変わりましたので、和室よりも洋室を選ぶご家庭も多くなりました。洋室が増えるということは、当然フローリングの床の面積が増えることになります。フローリングの床は洋室にはなくてはならないものですが、和室の畳と異なり、傷がついてしまうとその部分だけ変えることができないというのが頭の痛い問題です。特に小さなお子さんがいるご家庭ではおもちゃなどの角で目を離したすきに傷をつけられてしまうことも珍しくありません。それが建てたばかりの新築の家であれば尚の事ショックが大きいものです。取り返しがつかなくなってしまう前に予防をしておくことがいつまでも美しい住宅環境を保つためには大切になってきます。

フロアコーティングでいつまでも美しい床を保つ

床をいつまでも美しい状態で保つにはフロアコーティングで入居前に床を保護してあげる必要があります。一度フローリングに傷や凹みが出来てしまうと、補修費用が高くついてしまうこともありますので、事前の予防で冷や冷やしながら生活をする心配もありません。子供が元気に遊ぶ姿も安心して見ていることが出来ますので、日々のストレスも軽減することが出来ます。フローリングの床をフロアコーティングする際の保護剤の有効期間ですが、長く持つもので20年余り効果が持続するとされています。一度フローリングに保護剤を塗っておけば、その後20年も改めて手をかけてあげなくても良いというのは経済的にはもちろんのこと、手間をかけなくても良いという心理的負担の軽減はとても助かります。

フローリングへの艶出しの効果もある期待出来る

フローリングを傷つけないという基本的な効果はもちろんのこと、艶出しの効果がある保護剤を塗っておけば、いつでもピカピカにフローリングが輝いて見えますので、お客様が急にいらっしゃったとしても慌てることがありません。フローリング全体に塗るとなると、家具やキッチンの家電などを全て搬出して行わなければなりませんので、新築住宅の場合は入居前に塗っておくことをおすすめします。また、ピカピカの状態だと滑りやすいのではないかと懸念する方もいらっしゃいますが、最近は滑りにくい性質を持つ製品も販売されていますので、走り回る小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、足元が不安なご高齢の方が一緒にお住まいになるご家庭では、転倒をしずらい製品を優先して選ぶようにすると良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加